診断をつける

医療は、まずきちんと診断し、それに基づいて治療計画を立てることが基本です。ところが通常「病気ではない」患者さんを対象とする美容外科では「診断」がはっきりしないまま患者さんの希望に沿って、本来病気を治療するはずの手術が安易に行われてしまうことがあります。

病因や病態を見極めることなく気軽に「瞼を上げる手術」を行うことは、時には危険を伴います。手術をしても意味がなかったり、してはいけない場合もあります。

美容外科医による眼瞼下垂症手術を否定するわけではありません。技術的に非常に綺麗な手術をする医師もいます。しかし、一般的に診断の部分が甘いため綺麗な結果が出ない場合も多いという印象を持っています。

眼瞼下垂の診断のポイントについては、PC版の眼瞼下垂のページにまとめてあります。

眼瞼下垂の特集ページへ

一番多いのは「一重まぶた」

生まれつきの「一重まぶた」を眼瞼下垂と言って良いかは議論のあるところです。瞼裂が狭く角膜(黒目)が3分の2くらいしか出ていない人も稀ではありません。しかし、こうした患者さんに重瞼ラインを作る器具などを押し当てて二重を作り目を開けてもらうと、ほとんどの場合きちんと開瞼し、上方視も問題なく行えます。

眼瞼挙筋の線維の末端が、間に脂肪などがあって皮膚まで届いていないために、本来の重瞼ラインの部分が奥に折り畳まれず、反対にまつげの上にせり出してくるのが主因です。もちろんご本人の立場では、力を入れて目を見開いてもぱっちりとは開かず、理想の表情を保つために眼瞼周りの筋肉に力を入れるので疲労し、目の奥の痛みや肩こりなどの症状が出ます。

しかし、一重まぶたの「病態」の主体は皮膚にあり、眼瞼挙筋は位置も動きも正常ですから、前転法による眼瞼下垂症手術の適応にはなりません。普通に「重瞼手術」を受ければいいのです。

保険で手術したいために、診察の際にわざと視線を動かさなかったり眉に力を入れて目を開けない患者さんが時々いますが、不自然でありほとんどの場合誤魔化せません。病気を装うので「詐病」と言います。こうした時は時間をおいて同じ動作を繰り返してもらうと、動きが一定せず計測値もバラバラとなりバレます。
眼瞼下垂は筋肉をいじる手術です。必要のない手術をすると障害が残ることもあります。一重まぶたの患者さんは、皮膚の折れ目をつける「重瞼手術」を受けましょう。

様々な原因で皮膚が伸びた時

花粉症やアトピー性皮膚炎などの炎症や、コンタクトレンズの付け外し、アイプチなどの重瞼を作るテープや糊、その他様々な原因で皮膚が伸びてしまった方はかなり多い割合を占めます。もちろんこうした原因で、「本当の」眼瞼下垂になってしまう方もおり、両方を合併し散るかたもたくさんいます。ある程度年齢の高い眼瞼下垂の患者さんは、必ずと言っていいくらい皮膚の延長を合併しています。

ただ、逆は必ずしも正しくなく、筋肉の動きや位置は正常で、皮膚だけが伸びている方の方が多く見られます。こうした方には便宜上「眼瞼皮膚弛緩症」という病名をつけていますが、もちろんこれには保険手術の適応はなく、自費の「上瞼のたるみ取り」手術をお勧めすることになります。

最近眉下切開による皮膚切除が流行っており、色々と理屈がつけられていますが、必ずしも従来の「二重の部分の皮膚を切り取る」手術に比べて優れているわけではないと思っています。 瞼は薄い部分が伸びるので、眉下の「伸びにくい」皮膚を切り取ることで不自然さが増すと考えています。ラインをいじらないから印象が変わらないというのは明らかな嘘で、この種の手術は印象を変えるために行うわけですから、切り取るべき部分の決定は慎重にすべきです。
もちろん向き不向きはあり、症状によっては適応になる方もいるとは考えます。しかし、流行だから、と手術を受けて不自然さに悩んでいる方も多く、またそうなった場合修正が非常に難しいのです。

上瞼のたるみを切除するへ

眼瞼痙攣、重症筋無力症、Horner症候群など

眼瞼痙攣はそれほど稀ではなく、けいれんと名前がついていますがピクピクするというよりは「瞼が開けにくい」ことが症状の主体なので、眼瞼下垂として相談に来られる方は多いです。

眼瞼下垂の手術をすると眼は開くのですが、この病気の本体は眼輪筋の強縮であるため、辛さが増すことがあります。手術療法もありますが、通常は神経内科で薬剤による治療をする方が良いと思います。眼瞼痙攣に精通した医師は少ないながら関西にもいるので、必要と思えばご紹介しています。
重症筋無力症は稀な病気ですが、時々診察に来られることがあります。血液検査などいくつか確定診断法はありますが、必ず陽性になる訳ではなく費用もかかるので、疑わしい場合は専門施設をご紹介しています。他にも似た症状が出る病気はいくつかあり、中には手術で改善できるものもあります。

挙筋前転法で改善するかがポイント

後天性眼瞼下垂では腱膜性が多く、先天性では単純性が多い。教科書にはこう書いてありますが、実際にはなかなか診断に至らないこともあります。色々な症状が混ざり合い、特定できないこともあります。

そうした場合、その症状が「眼瞼下垂の手術」で改善するか悪化しそうか、が一つのポイントになります。上にあげた眼瞼痙攣など、手術をすることで悪化が予想されれば他の治療を優先します。

思い切って手術をしてしまった方がいいと思うこともあり、その際には術後に別の治療が必要になる可能性も説明した上で手術をお引き受けします。

手術してみないとわからないこともある

見逃されていることが多い軽度の単純性眼瞼下垂

若い患者さんなのに挙筋腱膜がずれていることもある

編集中