【 完全予約制 】で診療しています

大江橋クリニックのレーザー治療について
〜 about our Laser Therapy 〜

Laser

大江橋クリニックで行っている
レーザー治療について説明するページです

< このページは編集中です >

大江橋クリニックのレーザー治療

Laser

レーザーで何を治療したいか考えました

2007年に大江橋クリニックを、その名も大江橋の地に開院するにあたって、私たちはどのレーザーを導入し何を治療していくのかについて悩みました。
もちろん機種は多ければ多いほど治療の選択肢は広がります。しかし当時の経済情勢(今と同じような円安でした)ではアメリカから個人輸入するにしても国内で調達するとしても機種によりますが1台あたり1000万円から3000万円くらいかかるので、小さな個人開業クリニックではそう何台も買えません。
いろいろ悩んだ末、国内では医療用レーザー製造の実績と歴史があり使い勝手の良いNIICから3台、アメリカからは大城クリニック時代に使い慣れていたサイノシュアー社から2台の合わせて5台を購入することにしました。
保険治療には特に拘りませんでしたが、国産のレーザー機器の一部は医療機器としての承認が取れているため保険でのあざの治療も可能になりました。
シミやホクロの治療ができることはもちろんですが、これまでどこでも行われたことのない、数種類のレーザーを組み合わせた美肌レーザー治療を大江橋クリニックのレーザー治療の柱とすることに決めました。

キャンデラをやめてサイノシュアーに決めたわけ

開業前に勤務した城北病院(北山武田病院)ではキャンデラ社のVビーム(色素レーザー)やジェントルレーズ(ロングパルスアレキサンドライトレーザー)を使っていましたし、QスイッチアレキサンドライトレーザーのアレックスやVビームの前身とも言えるSPTL1bなども使用経験がありましたので、キャンデラ社のレーザーも有力な候補に上がっていました。
ただ冷却やパルス幅の細かい調整ができないなど、使い勝手の上で少し不満はあり、また私たちの目指す美容レーザーとしての使い方のためにはハンドピースにつける特殊なアダプターが必要だったのですが、それを事前に試すことができず不安でした。それでも値引き交渉にも応じてくれ、ある程度納得できる見積もりも出たので、実は発注直前まで行きました。
今日中に発注してくれればというその締切日の数時間前まではほぼキャンデラ社の方に決めかけていたのでした。

ところがそこに思いがけない情報が入ってきました。発注締切日の翌日、つまり当時の「明日」キャンデラがアメリカで新製品を出すという情報が、その時交渉中だった他の数社の営業から同時に入ってきたのです。
実は、キャンデラ社からの購入予定機器は発売から少し時間が経っていたため、新機種に変わるのではないかという心配はしており、どうせ購入するのなら新しいものにしたかったので、その点は何度もキャンデラ社の営業所長にも確認をしていたのですが、それはないと明確な返事をもらっていました。しかし実際には新機種発売の直前だったため旧機種となる機械の値引きに応じたのだということが発覚したのです。言い方は悪いかもしれませんが、騙されたと思いました。
もちろん先方にも発売前の秘密保持などさまざまな事情はあったでしょう。しかし信頼できないと一度思ってしまった以上、この会社のレーザーを私たちの治療の柱にすることはできないと思い、発注を断りました。
もしこの時サイノシュアーでなくキャンデラに決定していたら、今の大江橋マジックやお肌デトックスは誕生していなかったことになります。

サイノシュアーの良かったところ

大城クリニックを辞めてから約6年間サイノシュアー社のレーザーは扱ったことがなく、その後出た機種については全く知識がありませんでした。しかし営業担当だった高瀬さんがとても親身に相談に乗ってくださり、試用するためのデモ機も快く貸していただきました。東京にある日本支社を訪れた時の雰囲気もとても温かいものを感じました。この人の薦めるものなら間違いがないのではないか、と信じることができたので購入に踏み切りました。

実際に使用してみると、ハンドピースが軽くてとても扱いやすく、また外付けではあるものの冷却が連続的な冷風のためキャンデラ社のレーザー照射の時感じるプシュッと痛冷たい感じより不快感が少ないのでした。冷風の強さも10段階に調整でき、照射間隔が長い時には冷却を弱めて皮膚温が下がり過ぎるのを防いだり、痛い時には少し強く冷却したりが自由にできました。パルス幅の調節範囲も大きく、0.3msecから300msecまで変えられ、ハンドピースも直径3ミリから12ミリまで標準で簡単に付け替えられるので、治療の自由度が非常に大きいのでした。

最終的に主力機として導入したシナジーマルチプレックスは、ハンドピースを付け替えることなしにキャンデラのVビームと全く同じ色素レーザー照射とジェントルYAGとほぼ同じYAGレーザー照射ができ、マルチプレックスモードでは両者を連続して同じ患部に照射できます。キャンデラもその後1台の機械から2つの波長を出す新機種を発売しましたが、それに比べても優れていると感じました。またキャンデラの場合冷却ガスを照射部に噴射する都合上焦点を外したデフォーカス照射がしづらいのですが、サイノシュアーのハンドピースは肌から離して焦点をぼかす照射方がとてもやりやすいと感じました。

※ 実は大城クリニックでサイノシュアー社の機械を用いて美肌レーザー治療をやっている時、大城先生が肌の状態に合わせて自在にハンドピースを肌から浮かして治療するのを見ていました。そこで肌から何ミリ浮かすと実際に肌に照射されるエネルギーは液晶に表示されたエネルギーから何%下がるかということに興味を持ち、計算値と実際に一致するかどうか実験もしていましたので、このやり方ができることが美肌レーザー治療の決め手になると思いました。

シミやホクロについては後に述べるNIICのルビーレーザーとCO2レーザーに決めていましたが、シナジーマルチプレックスは色素レーザー(590nm)とYAGレーザー(1064nm)のカップリングであるため、美容系としてもう一つ別の波長のレーザーが欲しいと思いました。
理想的には両者の間の波長となるアレキサンドライトレーザーかダイオードレーザーを選択するべきだと思いましたが、キャンデラやルミナスなどの他社でなく、買うのならば高瀬さんのサイノシュアーからもう一台撰択しようと思い、脱毛用としてエリートを選ぶか、全く考え方を変えてフラクショナルレーザーであるアファームを選ぶか迷った末、後者を選択しました。

アファームマルチプレックスにしなかったわけ

エリートを選択しなかったのは、脱毛用としてはNIICが新規開発した日本製として初となる脱毛専用のYAGレーザーを導入することに決めていたからでもあります。メラニンに対する吸収性や国内における経験の多さからはアレキサンドライトレーザーの方が良さそうにも思えましたが、この際YAGレーザーでどこまで日本人の脱毛ができるかやってみたいという思いもありました。他社製の機械はジェルを塗らなければならなかったりハンドピースが扱いづらそうだったりで考えませんでした。
それまでフラクショナルレーザーに対して懐疑的だったのですが、アファームは皮膚を削らない(ノンアブレーティブな)点と、効果範囲が浅い(300μ程度)点から、従来のフラクセルなどのフラクショナルレーザーと違って肌を傷めない点が気に入りました。

アファームにはオプションとしてIPL(フォトフェイシャルに用いるフラッシュランプ)が付けられましたが、必要性は感じませんでした。営業の高瀬さんも必要ないでしょうという意見でした。(こういうところも好きでした)ハンドピースの先につけるチップは10ミリのみとしました。より深いところまで光が入る14ミリのチップをつけてマルチプレックスモードにすることもでき、実際に他のクリニックはほとんどそうしていたようですが、大江橋ではアファームのメリットは「浅いところにしか光が届かない」ところにあると思っていたので、マルチプレックスにはしませんでした。
マルチプレックスの14ミリチップはその後比較的早く供給停止となり、アファームを使用しているクリニックはほぼ姿を消しました。結果的に10ミリを使い続けた大江橋クリニックは自力でメンテナンスを行なっている大城クリニックと並んでアファームを長い間使用することができました。アファームに関しては以下を参照してください。

アファーム

美容外科を名乗る以上、シミを取るレーザーやホクロを取るレーザーは必要だと思っていました。

CO2レーザーに関しては最初からNIIC一択でした。実は前職の城北病院でCO2レーザーを更新することになり、その際に各社のデモ機を使い比べる機会がありました。その際に、ハンドピースが扱いやすく、焦点がシャープで狙ったところにきちっと当たる切れ味の良さが気持ちよくて、ぜひNIIC製にしたかったのですが意見が通らなかったことがありました。

その時に私の意見が通らなかった理由は、(1)他社製に比べて高価であったこと、(2)それまで使用されていたカキヌマメディカル製の製品とは形状が大きく異なり、使用感が違ったこと、(3)スーパーパルスモードでシャープに削るという使い方をしている医師が思いのほか少なく、ノーマルモードデフォーカスで周辺まで焦がして取るような使い方がなされていて、性能が評価されなかったこと、などでした。
デモ機が引き上げられ、従来と同じメーカーの新機種に置き換わった時は、使い勝手が変わらず安心した医師もいたのでしょうが、せっかくの治療精度を上げる機会が失われたような気がして悲しかったことを覚えています。

ルビーレーザーもNIICにしたわけ

色素性疾患の治療に関しては、保険適応も考えるとQスイッチ式アレキサンドライトレーザーかルビーレーザーかということになります。当時は扁平母斑も保険で治療することを考えていたのでルビーレーザーがいいだろうとは思っていました。
NIICは第一候補ではありましたが、競合の他社製に比べて価格(定価?)がかなり高く、本体の大きさや電源の条件などもあって、最初はかなり迷いました。他社製品もさまざまな特徴があり、連射できたりトップハットビームだったり100vで使えたりとそれなりに魅力的でした。
実はルビーレーザーに関しては経験が浅く、機種を決定する上での知識が乏しかったのです。

最初に色素性疾患を治療し始めた時に使った機械はQスイッチ式YAGレーザーでした。城北病院に鈴木先生が関西で初めて導入した機械で、その後和歌山角谷整形外科にも同型機が入ったので、私が出張して治療を行う際に使用していたのはQ-YAGに限られていました。大城クリニックにはもちろんルビーレーザーもありましたが、その当時の私の担当がアレキサンドライトレーザーを使った脱毛と美肌レーザーだったので、自分でルビーレーザーを操作する機会がほとんどありませんでした。京都に戻って再び城北病院でレーザーを担当した時も、備えられていたのはノーマルモードの古いルビーレーザーのみでしたので、色素性疾患の治療にはQ-YAGかQ-アレキサンドライトを主に使い、ルビーレーザーは滅多に使わず使用経験が不足していたのです。

しかし、実はQ-YAGやQ-ALEXでのあざやシミの治療に関してはやや物足りなさも感じていて、機会があれば本格的にQ-RUBYを使用して治療してみたいと思っていたので、導入するならルビーレーザーにするつもりでした。
そこで、まだ工事中で床もはられていない開業前の大江橋クリニックビルの5階の部屋で、営業の川村さんに来てもらっていろいろな質問をぶつけました。すると川村さんは営業と言いながら実はレーザーを実際に開発した技術者でこのレーザーの技術的な面には精通していることがわかりました。それは私にとっては期待以上のものでした。彼は自分の売る機械の利点だけでなく、欠点も特徴もよく把握しており、これなら何があっても安心して相談できると思いました。それで値段交渉もさることながら、メンテナンスを最低でも3年間、きっちりして欲しいとお願いしました。了解が得られ、私たちはその場で購入を決めました。

もう一台は試作機でした

川村さんと話していて、NIIC社が実は脱毛レーザーを試作していて、うまくいけば市販する予定だということを知りました。私たちは、この会社の作る機械ならば間違い無いと思ったので、まだいくらで売るとも決まっていなかったその機械を是非とも手に入れたいと思いました。
そこで時間を割いて東京の本社を訪れ、そこに置いてある試作機を実際に見せてもらうことにしました。社長さんにもお会いして、とても誠実な会社だと直感し、その場で購入を決めました。

ロングパルスYAGレーザーでしたので、実はサイノシュアー社で買うことにしていたシナジーのYAGモードと波長も出力もかぶっていました。経営的、あるいは運用を重視した判断であれば、別機種にするのが正しかったかもしれません。でも、私たちはこの会社の人たちが一生懸命作った機械を是非買いたいと思ったのでした。
脱毛レーザーを実用的に使うには、冷却方法がカギになります。冷却方法は各社各様の方式で特許を取っているため、単純に真似することができません。NIICのものは水冷式で、接し4度に冷却した水を冷却チップの中に循環させて、照射部の周囲を冷やすというものでした。照射部位そのものではなく、その周囲を冷やすということになり皮膚温は若干上がりますが、

<<編集中

付録: レーザー治療に関する若干の考察