お問い合わせ方法

06-6365-3500

診療時間内に限り、道順や、 診察時間 等のお問い合わせをお受けしております。(時間外には電話は通じません。)

メール等でのお問い合わせには応じておりません。上記の電話番号をご利用ください。

診療内容の詳細に関するお問い合わせは、ご相談そのものが医療相談となりますので受付ではお答えできない事になっております。
診察をお受けいただいた上で、医師に直接ご相談ください。

治療法は医師と相談してお決めください

「○○という治療をやっているか」「○○というレーザーはあるか」とのお問い合わせもありますが、私たちは正しい診断のもとに最適な治療法を決定する事こそが医療の本質だと考えます。当院で行なえない治療が患者さんにとって最適と考える場合は、そのようにご説明し、当院で無理に治療せず、他の医療機関をご紹介もしています。
患者さん自身がネットなどの不正確な情報をもとに、不十分な医学知識で治療法を決めてしまうことほど、医療にとって有害な事はありません。安易にお答えすることは不適切だと考え、「医師にご相談ください」とお答えしています。

患者さんには正確な医学知識がありません。ですから、病名そのものが間違っていたり、「似たような写真」を見てその病気だと思い込む、ということが頻繁に起こります。
皮膚表面の症状はどの病気も大変よく似ていて、診断をつけるために皮膚科医は長い年月をかけて修練します。

たとえ自分の病気であっても、直接見えない場所などでは、鏡に映したり写真を撮ったりしたぐらいでは判断がつかないこともあります。

拡大鏡や顕微鏡を使って実際に良く見、触って硬さや手触りの変化、指を押し返してくる皮膚の弾力を確かめ、微細な光沢や色、毛穴との関係、場合によってはにおいや温度も診断の助けとします。
ですから、ケイタイの写メール程度では正確な診断はできません。

正確な診断はすべての治療に優先します。診断がつかずに治療法をお話しする事はできません。
メール相談に安易にお答えする事は、有害であると考えます。

何かお困りのことがあれば、まず診察をお受けください。
医療は医師と患者さんが出会うところから始まります。その手間を惜しまないでください。

こんな場合はどうしたらいいですか

まず下記の番号にご相談ください。(救急安心センターおおさか

#7119

または

06-6582-7119

24時間365日対応で、救急車を呼ぶべきか、病院に行くべきか、近くの労災指定医療機関は、などの相談に応じてくれます。

お仕事中(通勤・出張含む)の受傷は健康保険が使えません

大江橋クリニックは労災の指定医療機関ではありませんので、全額自費でお支払いいただきます。治療費は健康保険の10割負担ではありません。(通常は約50%増しとなります)
労災が認められた場合の治療費は通常自己負担がありませんので、後ほどご自身で担当機関に返金手続きを行っていただくことになります。当クリニックでの精算はできません。

零細企業や個人営業の事業主などで、お仕事中のけがに健康保険が使える(逆に労災保険が使えない)場合もありますが、適応があるかどうか大江橋クリニックでは正確な判断ができません。したがって、お仕事中の受傷の場合、全員に自費でご精算をお願いしています。

大江橋クリニックは救急対応できません

初診の方は、ケガ・やけどであっても、通常通り問診票をお書きいただき、順番を待っての診療となります。

保険会社との直接の精算はできません

自賠責や任意保険等で、示談や精算が済んでいない場合、大江橋クリニックでは治療をお引き受けできません。
相手方との精算が済んで、後遺障害についてご自身で(保険・自費を問わず)御精算いただく場合のみ、治療をおこなっています。

傷痕治療は多くの場合自費治療となります

関節運動制限等を伴わない「醜い傷痕」(醜状障害)の治療には保険適応がありません。大きな傷であっても、目立つ場所であっても関係ありません。自由診療として美容外科で行う治療となります。

頭を打っている場合は、まずCT/MRIを

大江橋クリニックには画像診断装置がありません。
意識を失わなかった場合でも、顔面などは骨折や歯の障害を伴うことが多く、また後になって頭痛などの症状が出てくることもあります。まずは大きな病院で画像診断を受けてください。

救急治療後の抜糸や経過観察には紹介状が必要

あとはお近くの病院に行ってください、と言われることが多いですが、必ず紹介状をもらってください。どのような治療を行ったか記載して貰ってください。大江橋クリニックは、紹介状のない患者さんの治療はお引き受けできません。