〒530−0047 大阪市北区西天満1−2−5
大阪JAビル 1階

googleお問い合わせは診療時間中にお願いいたします

大阪市北区医師会tel06-6365-3500

12
* * * * * * 1
  2 3 4 5 6 7 8
  9 10 11 12 13 14 15
  16 17 18 19 20 21 22
  25 26 27 28 29
1
* * 1 2 3 4 5
  6 7 8 9 10 11 12
  13 14 15 16 17 18 19
  20 21 22 23 24 25 26
  27 28 29 30 31 * *

レーザー治療 〜Laser Therapy〜

美容外科・美容皮膚科治療解説

レーザー治療に携わるようになって20年以上が経過しました。

当時と比べて確かにレーザーが進歩したと感じるのは、電源が安定し、大口径・高出力のパルスが1秒間に数ショットという速さで照射できるようになったこと、高出力ダイオードレーザーが実用になるなど波長の選択肢が増えたこと、そしてレーザー機器が非常に小型化されたことでしょうか。
使いこなす技術の面では、皮膚面に照射する出力を抑えることによりレーザーで脱毛ができるようになり、更にはダウンタイムのない美容的照射法が広まり、フラクショナルレーザーという概念が生まれたことが画期的でした。

しかし、変わらないこともたくさんあります。
結局レーザー治療の仕組みは、光を生体に吸収させて特定の物質を加熱し、熱によって破壊変成した組織が回復するのを待つ、という単純なものです。どの部分をどの程度加熱し、他の部分を熱から防ぐか、ということにつきます。
人間の皮膚は非常にデリケートなので、設定を機械に任せていては適切な治療はできません。1ショットずつ、皮膚の反応を見ながらエネルギーを微調整する技術こそが、良い結果を生む、という原理は変わりそうにありません。

light

アファーム

1440nmの赤外線レーザーをCynosure社のCAPテクノロジーによって1照射あたり1200個のスポットに分けて肌に照射する、アンチエイジングに特化したレーザー機器です。紫外線によって光老化した皮膚を効率的に入れ替えるため、効果の範囲を深さ300μmに絞り込み、フラクセルのような痛みや長く残る赤みといった副作用を軽減させました。シワやたるみを減少させはりのある肌に戻します。当院ではほかのレーザーと組み合わせることでより効果を高める治療も行っています。

Cynosure
Affirm
Cynosure Cynosure Cynosure

アファームのハンドピースには写真上左のようなチップを取り付けて使用しますが、チップの先端は右上写真のように細かい凸レンズを並べたようになっています。(左: 拡大写真)
この昆虫の複眼のような一つ一つの凸レンズが、皮膚の表面のやや下に焦点を結んでコラーゲンを加熱します。加熱変成したコラーゲンは壊れて新しく作られたコラーゲンに置き換わっていきますが、その間の破壊されなかったコラーゲンも温和な加熱によって分子の高次構造が変化し、その結びつき方が変わっていきます。

  → アファーム料金表はこちら

アファームは、同じようなフラクショナル・レーザーである「フラクセル」よりダウンタイムが少なく、痛くない、ということが右の図からわかります。アファーム照射による熱変成(コラーゲンが赤く染まっている部分)が表面から0..3ミリの深さまでに限局しているのに対し、フラクセル(1550nm)では深いところまで熱が及んでいます。紫外線による光老化などは、真皮の浅いところに起こるので、深い治療はそれほど効果的ではなく、痛みを増すだけなのです。

Cynergy

※下の写真はサイノシュアー社の提供によるものです。Photoshopを使って凹凸を強調した画面を重ねてみました。
マウスカーソルを載せると、皺の状態がよくわかります。

症例
フルフェイス以外の
照射部位
治療費のめやす
(税抜)
   
目の下の膨らみ 10,000円
こめかみ 15,000円
目の周囲 20,000円
あご下 20,000円
口まわり 20,000円
20,000円
鼻+両頬 25,000円
フェイスライン 25,000円
手の甲 25,000円
頚部前面のみ 30,000円
背中上部 50,000円
お腹(妊娠線) 50,000円
おしり 50,000円
うで 60,000円

Affirmmultiplex

シナジー・マルチプレックス (レーザー・リミックスに使用)

シナジー・マルチプレックスとは

Cynergy Cynergy

ダイ(色素)レーザーとNd:YAGレーザーが1台の機械に組み込まれたMultiPlexレーザーで、 主に血管系の治療に用いられますが、設定の工夫により色素系疾患にも効果があります。

それぞれの波長単独でも一定の治療効果を得られますが、 2つの波長をほぼ同時に照射することにより、より深い治療ができるとともに 2種のレーザーの効果をお互いに強めあうことができます。

     → レーザー美容コース料金表はこちら

(部分照射の場合、ご相談の上決定しています。リミックス治療は、あまり細かい範囲には対応できません。)

Cynergy
その他の照射部位 治療費のめやす
(税抜)
ニキビスポット 3,000円
毛穴パート照射(鼻、顎など) 5,000円
10,000円
あごと口まわり 15,000円
手の甲 15,000円
鼻+両頬 20,000円
フェイスライン(額以外) 20,000円
頚部前面のみ 25,000円
にのうで(赤いぶつぶつなど) 30,000円
お腹(妊娠線) 30,000円
背中上部 35,000円
おしり 35,000円
背中全体 50,000円

※レーザーのパルス幅、フルエンス(エネルギーの強さ)や組み合わせ方などは当日診察の上決定します。
アファームを同時に使用する場合を除き、レーザーの設定や組み合わせが変わっても治療費に変更はありません。

※ レーザーは波長やパルス幅、冷却などさまざまな設定により、また 照射角度、押しつける強さ、スポットの重なり、ダブル照射など人為的な条件(照射技術)により、
治療効果が大きく異なります。誰がやっても同じということは決してありません。

ケロイド・血管腫の治療

※ 血管腫の治療には、通常赤血球の酸化ヘモグロビンによく吸収される波長である色素(ダイ)レーザーを使用します。
血管の中の赤血球を破壊して、その熱で血管そのものを壊していく治療ですので、紫斑(皮膚の浅い部分での内出血)が起こります。
従来の機種(第1世代)では紫斑は必発でしたが、冷却しながらロングパルスで加熱することにより紫斑が起こりにくい照射法が開発されました(第2世代)。
更に、ダイレーザーで変成したヘモグロビン(メトヘモグロビン)を更に別の波長で加熱するマルチ照射(第3世代)が実用化されています。
現在、第2世代(Vビームなど)までは健康保険が使えるようになりましたが、大江橋クリニックで採用しているシナジーは第3世代に属し、まだ保険適応がありません。

※ ケロイドのレーザー治療は、未だに安定した効果が得られるかどうかの統一見解はありません。

色素(ダイ)レーザー

単純性血管腫・苺状血管腫・毛細血管拡張に関しては、薬事法で承認された機種によるダイレーザー治療に限り通常健康保険が適用されます。

大江橋クリニックで採用している血管系治療レーザーであるシナジーは、保険適応がありません。
健康保険の範囲内で治療を希望される方には、他の医療機関をご紹介しています。

その他の血管性病変や赤ら顔、薄いシミなどにも、保険はききませんがダイレーザーが効果的です。

毛孔性タイセンなど腕や頬の毛穴が赤く盛り上がる状態にも、ダイレーザーが効果的です。

症状に応じて他のレーザーと組み合わせることで、より高い治療効果を上げることができます。

顔全体(フルフェイス) 通常料金 35,000円(税抜)

顔+頚部前面 通常料金 50,000円(税抜)

(部分照射の場合、ご相談の上決定しています)

ルビーレーザー

Ruby Laser

 

Qスイッチルビーレーザーとロングパルスルビーレーザーが1台の機械に組み込まれており、 切り替えによって最適の条件で治療することができます。
あざなど先天性の疾患の場合は保険が適用されますが、しみの治療は自費診療になります。
当院のQスイッチルビーは治療実績も長く、安定した効果を出せる優れたレーザーですので、 安心して治療をお受けいただけます。

シミ治療 基本料金 10,000円 (税抜)

 

追加 1平方センチあたり 5,000円(税抜)

(多数のシミを同時に治療される場合、ご相談の上決定しています)

YAGレーザー

YAG Laser1
YAG Laser2
YAG Laser3

 

当院では照射性能の異なる3機種のロングパルスYAGレーザーを設置しており、
治療目的に応じて使い分けています。
その一つ(LASERY IS502)は脱毛専用機としてドクターズオーダーの形で導入したもので、 まだ製品化されていない段階で研究目的の試作機として導入したため全く同じ機種は他には存在しません。

(外観もカタログ状のスペックも、市販品とはやや異なっています。)

※ 他にCynosure社のシナジー・マルチプレックス(YAG 1064nm/0.3-300msec)、Affirm(YAG 1440nm/3msec)も、美容目的で様々な照射方法を工夫しています。

 

独特の形状の冷却チップを供え、日本人の肌質を考慮して制作されたもので
安全性も高いと考えています。
脱毛効果も従来のアレキサンドライトや半導体レーザーと遜色なく、痛みや照射後の
赤みも少ないようです。

※ レーザー脱毛に関しては、 → レーザー脱毛 の項目をご覧下さい。

 

超ロングパルスを利用して引き締め効果を強めたり、
他のレーザーと組合わせてレーザーミックス照射とすることで、
患者さんに合わせてきめ細かな治療を行っています。

YAGリミックス 顔全体(フルフェイス) 通常料金 35,000円(税抜)

YAGリミックス 顔+頚部前面 通常料金 50,000円(税抜)

(部分照射の場合、ご相談の上決定しています)

CO2レーザー

黒子やいぼを「焼く」CO2レーザーは、どのメーカーのものも 大差ないようにいわれていますが、当院のレーザーはどの機種も「切れ味の良さ」にこだわりました。
CO2も例外ではなく照射ビームが非常にシャープであるため、
取り切れたかどうか判断しやすく、熟練した皮膚科医の目とあいまって、
よい結果を得ているものと自負しています。

 

YAG Laser3

 

何度にも分けてとる、と説明する施設もあるようですが、
表面だけを削った場合瘢痕化によって次回の照射が困難になるだけでなく、
へこんだ傷痕を残しやすくなると考え、当院ではなるべく1回で取り切るように心がけています。

黒子蒸散治療 1カ所あたり 3,000〜5,000円(税抜)

いぼ蒸散治療 1カ所あたり 2,000〜3,000円(税抜)

しみ治療 基本料金 10,000円(税抜) 

追加 1平方センチあたり 5,000円(税抜)

シミと思われているものの中には、盛り上がりのある「脂漏性角化症」と呼ばれるものがあり、通常のシミとリレーザー(主にQスイッチルビーレーザーが用いられる)では取りきれません。
こうした場合、真皮浅層まで残りなく削り取る必要があります。

 

※ 多数個を同時に治療される場合、ペンレス1枚の範囲まで 30,000円程度の設定もあります)

(非常に多数を同時に治療される場合、ご相談の上減額することもあります)

※ 局所麻酔注射を使用する場合も、特に追加料金はいただきません。