〒530−0047 大阪市北区西天満1−2−5
大阪JAビル 1階

googleお問い合わせは診療時間中にお願いいたします

大阪市北区医師会tel06-6365-3500

12
* * * * * * 1
  2 3 4 5 6 7 8
  9 10 11 12 13 14 15
  16 17 18 19 20 21 22
  25 26 27 28 29
1
* * 1 2 3 4 5
  6 7 8 9 10 11 12
  13 14 15 16 17 18 19
  20 21 22 23 24 25 26
  27 28 29 30 31 * *

大江橋クリニックで行う美容診療

美容医療の目指すもの

美容医療とはいったい何でしょう?

私たちは、ひとがより美しく、若々しく、生き生きと健やかに過ごすための方法を医学的に提供することだと考えました。
言い換えれば、老化を防ぎ(アンチエイジング)健康を保って、より積極的に社会の中で活動するための、予防医学的アプローチこそが美容医療の本質だといってもよいでしょう。

美容に対するアプローチには様々なものがありますが、中には迷信や俗説や、根拠のないあやふやなものがたくさん混じっています。
私たちはできるだけ医学的な根拠のある治療、信じるに足る治療を提供し、あやふやなもの、理屈を現代医学の言葉で説明できない方法は排除しようと思っています。

医学的根拠のある治療を

大江橋クリニックの美容診療は、ユニークなものに見えても決して奇抜なだけでなく皮膚の生理学・解剖学に即して考え抜かれた治療です。

手術法にしても、レーザー照射にしても、メディカルエステ治療にしても、従来から他のクリニックにはない方法を取り入れてきましたが、それは「他にない」から良いのではなく今までの治療に欠けていたものをいかに補うかを検討した姿なのです。

私たちの姿勢が間違っていなかったことを示すように、最近ではスキンケアレッスンやいろいろな種類のレーザーを重ねて照射する治療法など、以前から私たちが行なってきた方法論を取り入れる医療機関が増えてきました。まねをされることは名誉なことですし、きちんと取り入れていただくことが医学の進歩に繋がるのであれば大歓迎です。

美容治療の「効果」とはなにか

1回で効果のないものは続けても効果がない

効果がない、言い換えれば治療前後で全く変化が見られないものは、治療とは呼べないでしょう。
治療とは、その人の体に何らかの変化をもたらす方法だからです。

ただし、変化の中には、すぐには気づきにくい変化もあります。
(例えば検査データの数値の改善など)

何が変化して、どこが改善したのかを見極めるのも、医療の専門家の大切な仕事です。
「なんとなくきれいになった」・・・という患者さんの「気づき」を医療の言葉で翻訳し、次はどこを改善すればより効果的かを判断するのが医者の役目です。

1回だけですべてを解決する治療法はない

治療による変化には、不可逆的なもの(一度行うと元に戻すことはできないもの)と可逆的なもの(いずれは治療を行う前の状態に戻るもの)とがあります。

厳密に分けることは難しいのですが、例えば手術による方法などはどちらかといえば前者であり、ヒアルロン酸注入などは後者に属します。
しかし、たとえ不可逆的な治療とされるものであっても、一度受ければ終生その効果を保つ、という保証はできません。
人体は絶えず新陳代謝を繰り返し、加齢(エイジング)という変化を続けているからです。

一度受けたらもう他の治療を何も受けなくてよい、という治療法は残念ながらありません。
どんな機械もメンテナンスを怠れば、いずれは錆び付き故障して動かなくなります。細かな不具合を、気がつくたびに少しずつメンテすることで、寿命を延ばし美しさを保つのは、日々老化する人体でも同じことです。
定期的なメンテナンスが重要なのです。

美容手術やレーザー治療も例外ではなく、手術後/照射後に、どのように患部をケアし、保護するかで、術後の経過は驚くほどかわってきます。

得られるものと失うもの

変化には必ず、得られるものと失うものの両面があります。これを理解できない方には美容外科は向いていません。

形の変化は、それと引き換えに痛みや傷跡や質感の変化などを残します。それは一時的である事もあれば、生涯のこる場合もあります。

また、変わる事そのものが、対人関係を変化させたり、本人のこころに負担となったり、人に言えない秘密となったりもします。
もちろん、美容医療を受ける事はいけない事でも恥ずかし事でもありませんが、社会の中で自分のありようが変化するとき、すべてがよい事ばかりではないことだけは心に留めておく必要があると思います。

大江橋クリニックの美容診療

大江橋クリニックでは、美容は病気の治療の延長線上にあり、不健康な状態を放置したまま美容を行う事は効果的ではないと考えています。

従って、通常はまず保険診療の時間に一般的な診察を受けていただき、その患者さんの悩みが健康保険で対応可能な「病気」であれば、まずは健康保険で治療を開始するのがリーズナブルであると思います。

ご本人にとっては「美容的な悩み」であっても、そのシミや黒子が「皮膚疾患」であって保険で治療できる事も多いものです。
また、ニキビ痕や肌のくすみが、慢性的な皮膚疾患を治療せず放置しているために改善しない場合も少なくありません。

皮膚科医の目と形成外科医の目

大江橋クリニックの美容診療の特徴は、まず第一に「形成外科医(井上)と皮膚科医(小川)の合議制による治療」と言えるでしょう。

もちろん手術に関しては形成外科医が主導権を握り、メディカルエステや美容皮膚科の分野は皮膚科医が大きな発言権を持ちますが、レーザー治療などは対等に意見を述べ合って最適な治療法を探ります。

また、皮膚科的治療の経過中に手術やレーザーが必要になった場合や、術後の炎症や色素沈着など、緊密な連携は様々な場面で威力を発揮します。
ここまで緊密な連携を保った診療は、もちろん医師一人の個人医院では不可能なことですし、複数の医師を擁する大病院でも他科との連携は難しいものです。