〒530−0047 大阪市北区西天満1−2−5
大阪JAビル 1階

googleお問い合わせは診療時間中にお願いいたします

大阪市北区医師会tel06-6365-3500

● 休診  ● 午後のみ  ● 午前予約のみ
9
* * * * * * 1
  2 3 4 5 6 7 8
  9 10 11 12 13 14 15
  16 17 18 19 20 21 22
  24 25 26 27 28 29
10
* 1 2 3 4 5 6
  7 8 9 10 11 12 13
  14 15 16 17 18 19 20
  21 22 23 24 25 26 27
  28 29 30 31 * * *

形成外科と他の診療科の違い

形成外科/整形外科/美容外科の違い

形成外科は、歴史的に比較的新しく登場した科であると同時に、日本では整形外科と名称が似ているために、よく混同されます。守備範囲も全身に及び、扱う臓器も内蔵、骨、筋肉、皮膚から耳や瞼、口の中まで幅広いため、名前を聞いただけでは何をやっているかわかりにくい診療科です。

形をなおすのが形成外科

簡単に言ってしまえば、形成外科(plastic surgery)は形を治す医療です。

プラスチック・サージェリーのプラスチックとは、plast(何かの元となる、形のはっきりしない物体を表す)が元となってできたことばで、plasterといえば石膏、しっくい、絆創膏のように隙間を埋めたりものをくっつける素材、plasticsになると柔らかくていろいろな形に整形できる粘土のような化学物質を表します。

プラスチック・アート(plastic art)といえば彫刻や彫塑、造形美術のこと。このアートをサージェリー(外科手術)に変えたものが形成外科になります。

つまり、形成外科手術とは、人体に手を加えて損なわれた部分を補い、人体そのものをできるだけ理想に近い形に仕上げること、というイメージを持っていただければおおよその雰囲気はつかめるでしょう。

形成外科では、まず形ありき、という考え方をします。顔でも体でも手足でも、正常な(あるいは通常の)形と異なっていれば、それを元に戻すために様々な手段を講じます。形成外科の手術をしばしば「再建」といい、「形成・再建外科(prastic and reconstructive surgery)」とも呼ばれるのはそのためです。

整形外科

整形外科はその英名orthopaedicsが脚(paedis)を真っ直ぐに(ortho)治すという意味から来ており、そのシンボルマークが曲がった木を真っ直ぐな添え木に縛り付けて矯正している図である事からもわかる通り、骨や関節,筋肉といった運動器を扱いますが、主に形態よりも機能(働き)を重視する科です。
※ このため、手足のけがのように両方の科で同じ疾患を取り扱う場合、形成外科と整形外科では診療方針が対立する場合もあります。詳しくは  機能優先か形態優先か の項をお読み下さい。

美容外科

さて、そこに美容外科が登場です。
美容外科が日本に登場したとき「美容整形」という呼び名でマスコミに定着してしまい、「整形」というと美容手術のことと思われる事態が現在も続いています。
そして、今では考えられないことですが、美容整形が何かいかがわしいもののように扱われた時代には、形成外科では美容を扱わないと取り決めていた時期がありました。
その時期には「形成外科と美容整形は別もの」という宣伝がなされました。しかし時代が変わり、美容手術は形成外科の重要な一分野と位置づけられるようになり、さらには美容を専門分野とする「美容形成」を名乗るクリニックが登場したりして、ますますややこしくなっています。
現在では、美容外科も(健康保険の適応はありませんが)一つの独立した診療科と位置づけられており、形成外科の扱う領域の一つとしての美容外科と何が異なるのかは難しい問題です。
どちらにせよ、現在のところ「もっぱら美容のみ」の目的で行なわれる治療は、形成外科的な技術を用いた場合であっても健康保険の対象にならないことは変わりません。しかし、形態を自然に整える事を目的とした「形成外科」にあっては、美容的にも満足できる結果を目指すのは当然であり、どこからが「もっぱら美容のみ」という事になるのかも、そう簡単には線を引けません。

美容外科は玉石混淆

医者の技量は人それぞれですから一概にはいえませんが、少なくとも形成外科で数年以上の研鑽を積んだ医師であれば、重瞼、豊胸、脂肪吸引など一般的な美容手術は一応こなせるはずです。
しかし、美容外科はまだ大学病院などでの研修システムが整っていませんから、主に市中の美容外科で習うか、あるいは個人的に技量のある先生について修行する事になります。従って、どこで習ったかによって、うまい下手にかなり差があるだろうと予想されます。

中には、誰にも習わず研修もせず、いきなり開業してしまう「神の手をもつ」天才医師もいたりします。(もちろんこれは冗談です。)

手術という「技能」ですから、執刀医による個人的な上手い下手もあるでしょうし、美的感覚やどこまでの結果を追い求めるかによって、手術に対する考え方も違ってくるかもしれません。

しかし一般的に考えて、ホームページに医師の名前が載っていないクリニック、載っていても手術経験の非常に少ない医師、経歴をきちんと書けない医師(某クリニックとか有名クリニック歴任とか)、内科・麻酔科・心臓外科など全く無関係の経歴が長い医師は、美容外科の技量が優秀であるとは考えにくく、普通は避けた方が賢明です。